So-net無料ブログ作成

城島高原パーク死亡事故! なぜジェットコースター点検中に事故が起った!? 過去の事例から考察

このページは新しいサイトに移転しました
新しいサイトに自動的にジャンプします








城島高原パークのジェットコースターで死亡事故


20年ぶりに城島へ。 息子、初ジュピター。 #城島高原パーク #ジュピター #夏休み #三兄妹 #ちゃぷちゃ

アトリエtautauさん(@tautaupink)がシェアした投稿 -



この画像が
城島高原パークのジェットコースター「ジュピター」を撮影した画像になります。

今回事故が起ったジュピターは
城島高原パークの人気No.1アトラクション日本初の木製ジェットコースターです。

事故の概要は、
12日午後3時半ごろ、別府市にある城島高原パークで、
点検をしていた男性作業員2人が走ってきたジェットコースターにはねられました。

はねられた2人のうち60代の男性作業員は心肺停止の重体で、
もう1人の40代の男性作業員は意識があるということです。
2人をはねたジェットコースターは無人だったということです。
引用元:テレ朝ニュース

という事なのですが、
なぜこのような悲惨な事故が起きたのでしょうか!?

過去のジェットコースター事故から
事故原因を考察していきたいと思います。


スポンサーリンク





なぜジェットコースターで死亡事故が起きたのか!?


フラッシュバック.jpg

なぜ城島高原パークでこのような事件が起きたのでしょうか?
まだ原因は究明されていないようなので過去のジェットコースタ事故から考察します。

2007年エキスポランドでのジェットコースター事故


20人を乗せて発車したジェットコースター”風神”は、
高速走行が始まり最初の谷を過ぎた山頂の付近で、
2両目左の車輪を止めていた車軸が根元から折れたナットごと落下しました。

そのまま走行を続けていた風神でしたが、
コース後半の二重螺旋を上昇し下降してきたところで車輪が脱落

その結果、
支えを失った車両は左に大きく傾くという事態に陥りました。

この事故により女性一名が左手すりに頭を挟まれ死亡しました。


というのがエキスポランドでの事故の概要です。
今回のジュピターでも点検中ということだったので、
ボルトなどを緩めていた可能性は否定できません。

点検作業が終了していない時点で、
なんらかの理由でジェットコースターを走らせた結果、
脱線することなども考えられます。


複数人の作業員の連携不足


あと考えられるのは、
作業員同士の連携不足ということです。

今回のニュースでは
怪我やお亡くなりになった2人だけしかまだ報道されていませんが、

3人目、4人目の作業員がいたということも考えられると思います。


事故に遭った2人がジェットコースターのレールの上で作業をしていて、
残りの作業員がジェットコースターの制御をしていた可能性があります。

無線などでやりとりをしていたと思うのですが、
無線の電波は安定しているとは言えないので、

聞き間違いなどによる事故かも知れません。


このような凄惨な事故が起きないように
事故の原因究明をして再発防止に努めて欲しいと思います。

お亡くなりになった方にはご冥福をお祈り致します。


スポンサーリンク



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。